便秘による影響とさようなら

便秘をすると、肌荒れやアレルギーにも影響してくるといいます。

オリゴ糖を摂りすぎるとこんな症状があるそうなので、様子を見ながら食べる事がお勧めです。

砂糖よりもカロリーが低くて、しっかり甘い。

オリゴ糖を多く含む食品として果物(りんご・ばなな・ぶどう)や野菜(玉ねぎ・キャベツ・ゴボウ・ジャガイモなど)があるそうで、これらの食品を努めていろいろ取るようにしたところ定期的絶対便通があるようになりました。

近頃は、カロリーオフのデザートとして、葛湯でわらび餅のようなお餅を作り、きなこにオリゴ糖を混ぜて食べています。

このところ、ダイエットを開始出来ました。

しっかり甘いし、美味しい。

だから、ヨーグルトでビフィズス菌を補充する事に加えビフィズス菌のランクアップを助けるために、えさとなるオリゴ糖も取らなければならないという事でした。

なんにせよ、ダイエットをしてるけど、甘いものがわりとやめられない!っていう方には、オリゴ糖を使ったカロリー控えめのスウィーツが推奨です。

私に最適あったのは、オリゴ糖です。

実際、私にとって得心いくデザートはこのレシピなんですが、ほかにもさらに美味しくて得心可能なレシピはあるとおもいます。

とはいっても、果物を摂りすぎると果物に内蔵される果糖のせいでカロリー過剰になります。

運動も頑張るし、油ものも控える事が可能なけど、甘いものが必然的にやめられません。

そんな訳で、カロリーが低くて甘いものを探しました。

そもそも便秘は腸内の細菌のうち善玉菌の数が少なくなると起こるそうなので、オリゴ糖を摂って善玉菌の数を増やせば便秘の解決につながるのです。

善玉菌のそんなにはビフィズス菌で、ビフィズス菌のえさになるのがオリゴ糖なんです。

ヨーグルトに加え毎朝30分のウォーキングも行っていたのですがあまり影響は出ませんでした。

ところが、テレビで善玉菌・悪玉菌の事を解説している番組があって、その中で善玉菌・ビフィズス菌を食べても途中で全くが腸に届く前に死滅してしまう事を知りました。

それに、定期的出るのはいいのですが軟便で下痢のようになってしまう事もありました。

ダイエットを開始出来てから、食後にアイスやプリンといったデザートを思い描いて、我慢している時が実際につらかったです。

定期的のストレス発散が、食後の甘いものだったので、それを止めると、ストレスでどうにかなってしまいそうです。

私の時ビフィズス菌が内蔵されているヨーグルトとかを数多く食べていたのですがわりと便秘が改善されず、洗面所の臭いもかなりきつかったのです。

葛湯のおもちはノンカロリーっていうわけにはいきませんが、ありきたりの餅米のお持ちよりもカロリーが低いです。

ダイエットはやりたいけど、甘いものはやめられないと、ほとほと体感しました。

便秘ですっきりしない事が多くて、便秘に影響のある運動とか食品とかを諸々と試してみました。さらに詳しくはこちら(http://www.letsbeegreener.com/)をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です